スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡魔

こんばんは

先輩方も花見について書いていましたが、
私も行ってきました

門司港の桜の下で1人で1時間ボーッとしてました

こんな風に過ごすのもイイですよ

sakura_20130405171227.jpg


春は寝ても寝たりない気がしていたのですが、
ごく自然な生理現象だそうです


自律神経の働きがバランスを崩す
身体は、気温が変化しても一定の体温を保つよう、自律神経によってコントロールされています。
しかし、春は気温の変動も激しいため、自律神経はその変化においつかなくなり適切な時に
適切な調節がうまくできなくなります。
自律神経のバランスを乱すと身体のO NとOFFが出来ず、その影響で昼間に
睡魔がやってくるんだそうです


脳内で分泌されるメラトニンの影響
メラトニンは暗さを感じることで分泌を始め、睡眠へ誘導する脳内物質です。
冬の間は日照時間が短いのでメラトニンの分泌量も増えますが、春先には日照時間は
目に見えて長くなります。
しかし、メラトニン分泌が冬のパターンをひきずっていると、その時期にしては
多すぎる睡眠誘導物質が体内にあることになり、春先に眠い、という症状に。


ビタミンB群が不足する
暖かくなって身体の各器官の動きが活発化すると、糖質や脂質から
盛んにエネルギーを作る必要があります。
エネルギー変換の際にはビタミンB群などが大量に消費され、こうした栄養素の不足が
疲れやだるさ、春の眠気を招いているといわれています。
豆類や豆腐など、ビタミンB群を豊富に含む食品を積極的に摂り、難しい場合はサプリメントで
補給するなどして、ビタミンバランスを整えましょう。


基本はやはり、体内時計を整える事!
体内時計はヒトの場合、25時間周期ですから、そのままにしておくとドンドンずれていきます。
・必要な睡眠時間には個人差がありますが、7~8時間程度を目安に毎日できるだけ
決まった時刻に就寝・起床。

・休日の朝寝坊は体内時計を狂わせないために1時間を限度に。

・目覚めたらカーテンを開けて太陽の光を浴び、体内時計をリセットしてから1日をスタート。

・41℃以上の熱いシャワーを浴びると交感神経が活発になって身体が目覚めます。

・朝食をきちんと摂ることで体温が上がり、脳にエネルギーが供給されてスタンバイの状態になります。


昼間にどうしても眠気が解消できない場合は、ソファーや椅子に座ったままで10~20分程度、
目を閉じて頭と身体を休ませましょう



食欲も増進する季節ですので、
アーユルヴェーダインド式で脂肪燃焼しましょう


うっちーでした


grassy spot おすすめクーポン
こちらをクリック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

grassyspot スタッフ

Author:grassyspot スタッフ
福岡市中央区 大名のエステサロン、グラッシィスポットのブログです!
癒しの空間であると同時に、理想の結果へ…。
今までエステでご満足いただけなかった方も、ぜひ!

グラッシィスポット ホームページ

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。